スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事着について調べてみました。

みなさん。男性はなぜ仕事でスーツを着るのか御存知でしょうか?

当たり前の答えなのですが、ビジネスのシーンで最も多くの人が違和感を感じない場合が多いのがスーツだからみたいです。

歴史が苦手な私ですが、ウィキペディア調べによると、正装の歴史もありますので抜粋させていただきます。

モーニングコートの裾を切り落とした上着が19世紀のイギリスで生まれた。イギリスではラウンジ・スーツ(Lounge Suit)、アメリカではサック・スーツ(Sack Suit)と呼ばれ、当初は寝間着・部屋着、次いでレジャー用だった。しかし19世紀末から20世紀の初頭にかけてアメリカのビジネスマンがビジネスウェアとして着用し始め、その後世界的に普及した。

スーツの元祖である正統派スーツはスリーピース・スーツであり、イギリスで生まれたスーツは貴族紳士の嗜みとされていた。アメリカ人も入植初期の頃はイギリス様式そのままのスリーピース・スーツを着用し、ツーピース・スーツなど存在しなかった。ツーピース・スーツは正統派スーツを簡略化したもので着用様式も簡略化したものである。

日本では幕末末期~明治時代以降着られるようになる。その頃のスーツはイギリス製、アメリカ製、フランス製が主流だったが、当時はスリーピース・スーツしかなかったので当時の日本人が着たスーツはいずれもスリーピース・スーツであった。ただし、明治時代の日本では男性の洋装としてはむしろフロックコートが主流で、大半の日本人は和装だった。

とのことです。スーツについてあまり考えもなかった私ですが、調べて知識を一つ増やすと賢くなった気になりました。
また他にも豆知識を増やしてご紹介させていただきます。

もちろんですが、キョウシン新大阪店一同スーツを着用して皆様のお部屋をご紹介させていただきます。
御堂筋線でのお部屋探しはキョウシン新大阪店までhttp://www.kyoshin-shinosaka.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

キョウシン新大阪店

Author:キョウシン新大阪店
キョウシン新大阪店
大阪府大阪市淀川区東三国
4丁目4-15コラム新大阪1F

TEL:06-6391-2291
FAX:06-6391-2294
HP:http://www.kyoshin-shinosaka.com/

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
7678位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
1326位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。